有機農業・家庭菜園の土作りに役立つ完熟馬糞堆肥を販売しています サイトマップ
馬ふん堆肥.comメニュー
馬ふん堆肥の製造工程
馬ふん堆肥の効用と利用法
馬ふん堆肥の成分
馬ふん堆肥の配達と価格
馬ふん堆肥をご利用のお客様
馬ふん堆肥散布の様子
馬ふん堆肥用語集
馬ふん堆肥の注文・お問い合せ
愛知ユウキクラブ・新鮮農場へのアクセス方法
(有)愛知ユウキクラブ会社案内
馬ふん堆肥.comリンク集
よくある質問
馬糞堆肥に関するよくある質問をまとめました。お問い合わせ前にまずこちらでご確認ください
  Q.臭いはありますか?
無臭ではありません。においに関しては感覚が人それぞれ違うので一概にはいえませんが悪臭ではありません。
  Q.使用量はどのくらい?
全面散布で1車0.5反が目安です。2・3センチほどの厚さに散布し20~30センチほどよく耕し混ぜてください。       馬ふん堆肥の効用と利用法はコチラ
  Q.すぐ作付けしてよいか?
当社の馬糞堆肥は完熟堆肥です。すぐに使用しても問題ありません。
  Q.重さはどのくらい?水分は?
45Lの小袋に入れて20キロほどです。スコップで軽くすくえるほどの散布しやすい重さです。含水率はおうまの堆肥で40%、ばら売り堆肥で約50%位です。
  Q.肥料はどうしたらよいか?
土づくりがしっかり行われていて環境(気候など)が整っていれば当社の馬糞堆肥だけでも作物は十分育ちますが基本的に当社の堆肥は肥料というより土壌を改良(土壌改良資材)の性格が強いものです。よって土壌に応じて化成肥料や有機肥料の併用をおすすめします。
  Q.有機肥料・ばかし肥・堆肥の違いは?
有機肥料は油粕・魚粉・骨紛など動物や植物由来の有機物でつくられた肥料成分が高い肥料。ぼかし肥は有機肥料をあらかじめ土などと混ぜて熟成させ肥料の効きを「ぼかし」たもの。有機肥料を利用した時の虫などの発生をなくすことができる。利用の仕方も一般的には「ぼかし肥」は肥料として用する。堆肥は肥料成分は少ないので土壌改良を目的として使用するのが一般的です。
  Q.農業の具体的なアドバイスは?
土壌で作物を作る場合は全く同じ条件は絶対にありえません。よってこうすれば良いという具体的なアドバイスはそれぞれ違ってきます。具体的なアドバイスが必要な場合は農業の専門家にお願いした方が良いでしょう。また家庭菜園の本や農業の専門書などいろいろ参考にしてください。当社のお客様もそれぞれの経験で「独自のノウハウ」を持っている方がほとんどです。馬ふん堆肥.comリンク集もご参考ください。
  Q.自分のトラックで取りに行ってもいいですが?
当社まで取りにきてもらえばお値段もお徳です。軽トラ2000円からです。ただし配達で留守が多いため必ず事前にご連絡ください。
  Q.1車どの位の量になりますか?
ダンプ・約7立米・重さで約3.5トンです。フレコン車は袋詰めになるので多少量が減ります。
  Q.1車分を二ヵ所分けておろすことはできますか?
おろす場所が近ければダンプ車とフレコン車に限り可能です。
  Q.クレーン車でおろせる距離は?
車の真横から3メートルまでです。ちょっとした障害物(フェンス・ガードレール等)を越えておろすことが可能です。          クレーン車詳細画像
  Q.どんな野菜に使えますか?
土壌改良を目的とするなら基本的にどんな作物でも利用できます。トマト・きゅうり・なす・かぼちゃ・梨・イチジク・柿・ぶどう・いちご・植木などいろいろな作物で利用いただいています。近隣の農家ではねぎとほうれん草の連作に相性が良いらしくよく使われています。
  Q.余った堆肥の保管法は?
ばら売りの堆肥は必ずシートなどかけて雨にぬれないようにしてください。1年ぐらいは十分使うことができます。おうまの堆肥(小袋)はできるだけ早く使い切るようにしてください。特に封をあけると乾燥し有用な微生物が死んでしまい品質が低下してしまいます
  Q.休業日はいつですか?
休みは不定休となっています。営業日であれば土日祝日も配達します。お問合せください。

馬ふん堆肥.comホーム

馬ふん堆肥の製造工程 馬ふん堆肥の散布の様子
馬ふん堆肥の効用と利用法 よくある質問
馬ふんの堆肥の成分 堆肥用語集
馬ふん堆肥の配達と価格 堆肥の注文・お問合せ
お得意様の紹介 馬ふん堆肥.comリンク集
△このページの最上部へ
| 馬ふん堆肥.comホームアクセス会社概要お問合せ サイトポリシー・リンクについて
馬ふん堆肥.com